生活スキル

【習慣化したい美容法7選】習慣化したい美容法7選とは?

習慣化したい美容法7選

いつまでもキレイでいたいと思うのは、年齢に関係なく、女性ならば誰でも当たり前に持っている素敵な気持ちですよね。最近では男性の美容意識を高まってきていますね。

美しい人になるには、毎日コツコツとケアすることが大切です。

しかし、毎日のように仕事や勉強、家事や子育てなどに追われながら、キレイをつくる為の努力は、頑張ろうとすればするほど案外疲れてしまうものです。

まずは無理せず習慣づける事や、簡単に取り組めるところから始めてみると、意外にもストレス無く続ける事ができます。

簡単なことを少しだけ継続して習慣化し、頑張らない自分だけのルーティンを手に入れてみましょう。

特に美容に関しては一朝一夕で効果が出るものでないので、長期スパンで美容法を実践できるよう「習慣」にすることがとても大切です。何気ない毎日の生活習慣こそが美肌の土台となるのです。

習慣化したい美容法7選

・いつも笑顔
・お水を1日2ℓ飲む
・良質な睡眠を7時間以上とる
・季節に関わらずUV対策
・メイク落としをサボらない
・シャワーで済ませず湯船に浸かる
・基本のスキンケアを大切にする

今回は是非習慣化して欲しい美容法について紹介します。決して難しいことではありません。日々の生活に取り入れていってください。

習慣化したい美容法7選「いつも笑顔」

笑顔によって表情筋が鍛えられます。普段、特に意識せずに生活をしている時には顔の表情筋はほとんど使っていません。しかし笑顔になる時には、表情筋を全体的に使っています

表情筋が鍛えられると、その周辺のリンパや血液の流れを促します。すると、シワやたるみが軽減されていき、肌ツヤが良くなる効果があります。

また、笑顔によって女性ホルモンの分泌量が増えます。新陳代謝が良くなり水分量も増えるので、髪や肌のツヤが良くなるとともに美肌やダイエットの効果も期待できます!

さらに笑うと口を大きく開けるので、頬やフェイスラインがスッキリして、小顔効果も期待できます。

笑うことによって自然と腹式呼吸になり、酸素をたくさん取り入れる ことができます。腹式呼吸による横隔膜の動きにより内臓機能が活性化され、基礎代謝が高まり老廃物を外に出します。

このように笑顔には素晴らしい美容効果がたくさんあります。わざわざ表情筋トレーニングを行う必要はありません。笑うだけでいいなんて嬉しいですね。

ちなみにどんなに笑うことが良いと頭では理解していても、気分が落ち込んでいる時などは、笑うのが難しいことがあると思います。

そんな時は「作り笑顔」でも充分です。作り笑顔でも本当に笑っている時と同様の効果が得られる科学的に証明されています。

大切にした方が良い人の特徴大切にした方が良い人の特徴 人間関係は人生にとって重要なものです。 学校や職場には自分とは価値観も考え方も異なる人が大勢います。...

習慣化したい美容法7選「お水を1日2ℓ飲む」

「1日2Lの水を飲む」という美容法は、多くの女優・モデルさんが実践しています。

人間の体は60%が水分でできており、酸素や栄養素を運んだり、老廃物を排泄する働きをしたりする役割を担っています。

また、水を飲むことで肌の保水力が高まります。

保水力が低下すると、肌が乾燥してしまいます。これは内側から乾燥してしまっているので、いくら化粧水や美容液を塗っても改善されません

肌の乾燥はシワやシミの主な原因となります。水を飲んで内側から水分を補給してあげることが最善なのです。

また、肌が乾燥し水分不足で体に老廃物が増えると、ニキビなどの吹き出物ができる原因になります。

このように肌トラブルの大半は、水分不足と言っても過言でありません。水を意識的に飲むだけで肌の調子が良くなった」と感じる人も多いようです。

水を飲むことは、若々しく美しい肌をキープするために、欠かせないことなのです。

水を飲むと、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、便通が良くなる傾向があります。そして血流やリンパなど体液のめぐりがよくなり、基礎代謝を上げます。

それが、むくみの解消、老廃物の排泄、ひいてはダイエットにもつながるのです。

美容のために推奨されている1日あたりの水の摂取量は1.5~2Lですが、短時間に飲んでしまうと水中毒のリスクがあるので、回数を分けて無理のない範囲でこまめに飲みましょう。

メンタルを病まないようにするためには?メンタルを病まないために大切なことメンタルを病まないようにするためには?メンタルを病まないようにする大切なこと 現代社会は、私たちに慢性的なストレスを与えています。仕事...

習慣化したい美容法7選「良質な睡眠を7時間以上とる」

人間の理想とされる睡眠時間は、一般的に約7時間30分といわれています

美容ホルモンとも呼ばれている成長ホルモンは、寝る時刻に関係なく寝付いてすぐの3時間の深い眠りのときに最も多く分泌されるといいます。

この3時間にいかに深い眠りにけるかが勝負です。成長ホルモンは、新陳代謝を促し、日中に浴びた紫外線や外気等のダメージを修復してくれる働きをします。

そしてこの成長ホルモンの分泌を促す役割がある「メラトニン」というホルモンは、夜間から睡眠中に最も多く分泌されます。

メラトニンには体の中を錆びつかせない強力な抗酸化力があり、その効果はビタミンCやビタミンE以上といわれています。

睡眠不足が続くと女性ホルモンの一種で美を司るホルモンと呼ばれる「エストロゲン」の分泌が減少し、女性ホルモンが乱れやすくなります。

睡眠の効果を最大限に得るためには、規則正しい就寝・起床を心がけ、体内時計のリズムを狂わせないように過ごすことが重要なポイントとなります。

メンタルを病まないようにするためには?メンタルを病まないために大切なことメンタルを病まないようにするためには?メンタルを病まないようにする大切なこと 現代社会は、私たちに慢性的なストレスを与えています。仕事...

習慣化したい美容法7選「季節に関わらずUV対策」

紫外線は美容の大敵であり、1年をとおして対策することは必須です。紫外線を浴びると、シミやシワ、たるみを引き起こす原因になります。

紫外線にはUVA(A紫外線)とUVB(B紫外線)の2種類があります。UVBは真夏に最も量が多くなり、ひりひりする日焼けを引き起こし、シミやそばかすの要因になります。

一方、UVAは「生活紫外線」と呼ばれ、屋内に居てもガラスをすり抜けて入り込みます。紫外線の中で最も波長が長く、じわじわと肌の深部まで到達します。コラーゲンを破壊して、シワやたるみを引き起こす要因になります。

UVBは真夏に降り注ぐ量が増えますが、UVAは、年間を通して降り注いでいます。真夏だけでなく、1年中しっかり紫外線対策することが大切です。

【弱者の戦い方10ヵ条】弱者の戦い方10ヵ条をまとめてみました【弱者の戦い方10ヵ条】弱者の戦い方10ヵ条をまとめてみました 不景気でものが売れない時代に拍車をかけるコロナ禍において、安心している...

習慣化したい美容法7選「メイク落としをサボらない」

一日疲れて帰ってきたからといって、メイクを落とさずにそのままにしておくと、肌にとっては大ダメージです。

その日のメイクと皮脂と汗と汚れがそのままだと、毛穴にメイク、化粧下地や皮脂、汗、ほこりが詰まった状態になります。

毛穴に長時間汚れが詰まっていると、炎症を起こして、吹き出物やニキビができやすくなります。さらにその間は毛穴が開きっぱなしの状態になってしまうので、毛穴の開きが目立つ要因となってしまいます。

皮脂、汗、ほこりを餌に顔ダニが繁殖し、皮膚炎やかゆみの原因になります。顔ダニだけではなく、雑菌も繁殖し、雑菌が毛穴に入ると吹き出物ができたり、炎症の原因になったり、肌トラブルの元です。

どんなに疲れていても、メイク落としは心がけましょう。

嫌いな人を気にしない方法嫌いな人を気にしない方法 人間誰しも1人は身近に嫌いな人や苦手な人がいるものです。 学校や職場に行けば、考え方、価値観、趣味趣向...

習慣化したい美容法7選「シャワーで済ませず湯船に浸かる」

「美人はお風呂で作られる」なんて言われるほど、お風呂に入るだけで美容効果を得られます。

お風呂に入ることで全身の血液が温まり、体の深部から体を温めて冷え解消され、入浴後に体温が下がり寝つきが良くなります。

血行が促進されて、栄養や酸素が体のすみずみに運ばれます。ターンオーバーが正常になり、くすみやクマが緩和されます。汗をかくことで老廃物が排出され、体内がすっきりします。

また、湯船で毛穴が開くので、毛穴汚れが落ちやすくなったり、基礎化粧品の肌なじみが良くなったりします。

そして水圧により、血液やリンパのめぐりが良くなるマッサージ効果があります。むくみ解消やダイエット、疲れのリセットされます。

お風呂に入るだけで高い美容効果を得られますが、次のように工夫することで、さらに美容効果を高められます。

まず、お風呂の温度はぬるめの38~40℃くらいに設定しましょう。入浴時間は15~20分くらいがベストです。

入浴剤を入れることでさらにリラックス効果が上がります。

女性が2回目また会いたいと「思えない」男性の特徴女性が二回目また会いたいと「思えない」男性の特徴 好きな女性と念願の初デート。最近だったら人気のマッチングアプリなどで「この人いい人そ...

習慣化したい美容法7選「基本のスキンケアを大切にする」

スキンケアの目的は主に、清潔にする・乾燥対策・紫外線対策の3つです。

洗顔で肌を清潔にしたら、化粧水でしっかり保湿をしましょう。肌が十分うるおったと感じる量が適量です。

化粧水で補給した水分は放っておくと蒸発してしまいます。それを防ぐのが乳液やクリームです。

シミやシワ、たるみなどのエイジングサインには、美容液をスキンケアに加えて対処しましょう。

スキンケアを念入りにおこなうのはもちろんですが、肌への影響を考えた食生活や生活習慣をこころがけることも大切です。

紫外線やたばこ、ストレス、睡眠不足は肌の大敵です。

ビタミンA・ビタミンCやリコピン、アスタキサンチン、ポリフェノールなどを積極的に摂取することで健康な細胞を育てることができます。

きれいな肌を保つためには、毎日の正しいスキンケアがとても大切です。しかし誤ったスキンケアをするも却って肌に悪影響を及ぼしますので、しっかり基礎知識を学びましょう。

20代でやっておいて良かったこと10選20代でやっておいて良かったこと10選 大学を卒業して社会人としてのスタートを切る20代は、大人の生活の始まり。 20代は健康で...

習慣化したい美容法7選をコツコツ10年以上続けてきた結果

以上のような美容法を10年間継続してきたおかげで、同年代の方より若くて元気で清潔でいられていると実感できています。

今の自分は、昔の自分がしっかり美容について考えて行動してたおかげと感謝しています。

また、このように目標に向けての行動が習慣化し、それが成果につなっていくと、何かを成し遂げた経験は、自信となります。

自分に自信を持てると自然と笑顔が増えて、毎日が楽しいと思えるし、周りからも輝いて見えるからさらに魅力が高まっていきます

ほんの少しずつでも、毎日の行動を変えていくことがとても大切です。

20代でやると人生好転すること11選20代でやると人生好転すること11選 人生の中でも20代は、「自分が豊かな人生を歩めるかを決める転機点」ともいえる時期です。 2...

【まとめ】習慣化したい美容法7選

おすすめの習慣化したい美容法について紹介しました。

習慣化したい美容法7選

・いつも笑顔
・お水を1日2ℓ飲む
・良質な睡眠を7時間以上とる
・季節に関わらずUV対策
・メイク落としをサボらない
・シャワーで済ませず湯船に浸かる
・基本のスキンケアを大切にする

どれも手軽に実践できて、なおかつ確実に効果のあるものばかりです。

美しさを保つのに、時間や費用をかける必要はありません。

ちょっとした日々の習慣を変えるだけで、今よりもっと、きれいに輝くことができます。

テキストのコピーはできません。